カッピングセミナー

スタッフ向けにカッピングセミナーを開講?

毎日焙煎後はカッピングより萌季屋の香りや味になっているのか品質を確認しています。

日々継続的に取り組むのは良いことですが、慣れすぎるのは良くないですね。

熟達のような「良い慣れ」は良くても、「悪い慣れ」につながてはいけませんので、たまに刺激を。

今回は、数種類のコーヒーを同時にカッピング。

それぞれが同じように評価できることを目的に、カッピングフォームの項目をフレーバーから順番にチェックしていきます。

スペシャルティコーヒーは、フレーバーだけに目を向けがちですが、アフターテイスト、アシディティ、マウスフィール、クリーンカップの質もかなり重要です。

一杯のコーヒーを最後まで美味しく楽しんでいただけるように、スタッフ共々スキルアップに取り組んでいます。