お湯の温度

コーヒーを淹れる際のお湯の温度は重要です。 萌季屋ではある程度高い温度での抽出をおすすめしています。 毎日焙煎したすべてのコーヒーは必ずカッピング(浸漬方法)を行い、品質確認をしています。 その時注ぐお湯の温度は90℃代 […]

続きを読む

コーヒーを愉しむ

コーヒー一杯を飲んでいくと風味がどんどん変化していくことを感じます。 これにはいろいろな要因があり、コーヒーに含まれている成分の変化や温度に対する人の味覚特性などがあります。 難しい話はさておき、その変化の愉しみ方を簡単 […]

続きを読む

お客様へ

お客様へ この度、新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言がなされましたが、 萌季屋はお客様および弊店従業員の安全の確保に努め、各種感染防止措置を行い、可能な限り営業を続けてきたいと考えております。 萌季屋がで […]

続きを読む

深煎りのケニアコーヒーの世界

ケニア産コーヒーは萌季屋のスペシャリテのひとつ。 「これがいいケニアです。」と言われても、本当に?と常に疑問を抱いていました。 コーヒーは素材ありきで、焙煎技術や焙煎度合いで品質を高めることはできません。 無駄な努力をし […]

続きを読む

コロンビア ロス・マンゴス

コロンビアの一般的に良く知られている栽培種でつくられるコーヒーからは際立ったフレーバーはあまりありません。 フレーバーが無いわけでなく、「際立った」があまりなく、シトラス系が多いと思います。 ロースト度合いを浅めにしてオ […]

続きを読む

季節のブレンド アカネ

ブレンドコーヒーの基本は、それぞれのコーヒーの特徴を見極め十分に引き出した豆を配合し、目的の香りや味わいのあるブレンドコーヒーに仕上げること。 あるブレンドの配合が、ブラジル アパレシーダ 40%、コロンビア エルバルコ […]

続きを読む